スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.3 学習会&MT「廃棄物の広域処理を考える」

定例の学習会&ミーティングを12月もおこないます。
以下、お知らせです。

===============================================================
◎12/3 学習会&MT「廃棄物の広域処理を考える」

○日時:12月3日(土) 14:00-
○場所:大塚公園集会所・和室B
 (地図-東京メトロ丸の内線「新大塚」駅徒歩5分ほど
○参加費:会場代を人数割り
○連絡先:stopashes2akita あっとまーく gmail.com

(学習会:14:00-15:00)
①大館・小坂で何が起きていたか?
②東北/東京における廃棄物の広域処理問題

~質疑・休憩を差し挟みながら進めます

(ミーティング:15:15-17:00)
-フリートーク
-今後の方針について

=================================================================

ことし7月に発覚した、秋田県大館市および小坂町への、千葉県からの、環境省の示した暫定基準を超える放射性物質を含んだ一般廃棄物の搬出・埋立て問題。この問題は、以前からの大都市圏から地方への廃棄物の広域処理という構造があり、そこに、福島第一原発での原子力災害によって放射性物質が広く散布されたことが合わさって起きた問題です。

まだまだ、大館市や小坂町で何が起きていたのかも十分には知られていませんが、既にこの2つの街や、隣接する鹿角市などでは次々に住民の皆さんが立ち上がって声をあげています。その声にたいして、わたしたちはどう応答していけるかを考える場をもつことが必要になってきている、と考えます。

また、環境省による広域処理の方針の推進により浮上しつつある、瓦礫問題についても、議論が尽きないことと思います。広域処理によって地方に排出されていくもの、他方で被災地から送られてくるものがそれぞれあります。両方をにらみながら、広域処理という事象の性格について考える場とできればと思います。

そのうえで、今回起きた事態をどう位置づけるかを考え、今後のアクションについて意見交換をする会にしたいと思います。
まだまだ、わたしたちの活動は始まったばかりですが、一緒にできることを模索していきませんか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。